読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simply white

日々過ごしている中で思ったことや考えたことを、音楽とともに綴っています。

お役御免の服の行き先

わりとお気に入りだったシャツの袖を汚してしまいました。


漂白したら落ちるかも知れませんが、もう3年くらい着たし、そもそも安いノーブランドのものだったし、お役御免かなと思っています。


服はあまり捨てるのが好きじゃなくて、傷みが少ないものは大抵リサイクルショップに引き取ってもらいます。
(もったいない精神)


なので、捨てるのは本当に傷んでいるものや肌着に限られます。
(こっちはわりと思い切って捨てる)


そうそう、生地の質や柄が良いものは洋裁に使う場合もあります。


昔着ていたスカートで、ポケットティッシュカバーを作ったことがあります。
(安く買い取られるよりはいいかも)


f:id:esa7an:20160219083234j:plain
(ほつれは使い込んでいる証)


話は逸れましたが、このお役御免のシャツは汚れた部分を切り落として、残りを生地として残しておくことにします。


むやみに捨てないで繰り返し使っていくと、愛着が湧いてくるように思います。




襟

  • Ao
  • ロック
  • ¥200


P.S.
この曲では「襟の汚れたシャツ」を捨てることで過去への執着を振り払おうとしています。


忘れたい過去を思い出す品であれば、捨ててしまってもいいかなと思います。
(わたしは取っておく派だけど)