読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Simply white

日々過ごしている中で思ったことや考えたことを、音楽とともに綴っています。

過去の想い出と未来への想像

いとうせいこうさんの想像ラジオという小説を、ようやく読み終えました。



陽気な語り口で展開されるこのお話は、実は津波で亡くなった人が主人公になっていました。


災害で自分が亡くなるなんて、誰が予想するでしょうか。


きっと、まだやり残したことがあって、会いたい人がいて、生きたいと願って亡くなっていった人が大半でしょう。


そして、残された人々もまた、明日も一緒にいられると思っていた筈です。


私も数年前に突然祖父を失い、以来何度も思い出したり、問いかけたりしてしまいます。


作中に、こんな一節がありました。

生者と死者は持ちつ持たれつなんだよ。
決して一方的な関係じゃない。
どちらかだけがあるんじゃなくて、ふたつでひとつなんだ


生きている者が、かつて生きていた者の話をしなければ、思い出さなければ、その者は今も昔も居なかったことになる。


確かにそうかもしれない、と思いました。


歴史上の人物だって、どんなに凄いことを成し遂げても知らない人の中には存在しない。


亡くなった人を何度も思い出すのは、後ろ向きのような気がしてしまうけれど、“ふたつでひとつ”ならば、死者とともに前に進んでいけるんだよなと思いました。


死者が語れるのは、生きていた時の話だけです。
それでも、生者は死者に語りかけて、聞こえない声に耳を傾けていいのだと思いました。


私はまたときどき、無口な祖父に話しかけたいと思います。


音のない部屋

音のない部屋